なぜメキシコペソ/円を選んだのか

調べていると

FXでは高スワップポイント通貨として

トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソの

3つが挙げられているようで

とりあえずはその中から取引する通貨ペアを決めることにしました。

あるFX会社で

買いスワップをしらべると

トルコリラ
1Lot(10000通貨:約20万円)=120円

1万円あたり6円/日のスワップ

南アフリカランド
10Lot(100,000通貨:約80万円)=150円

1万円あたり1.875円/日のスワップ

メキシコペソ
10Lot(100,000通貨:約50万円)=130円

1万円あたり2.6円/日のスワップ

資金効率はトルコリラがダントツでしが、

通貨自体の変動も激しいようでした。

基本、スイングトレードで通貨取引自体で利益を得たいので

あまり値動きの激しいか通貨は好ましくなく

この3つの中で一番国別信用格付が高かった

メキシコの通貨で取引を始めることにしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする